小向美奈子 激動の半生 最終章

3度目の逮捕で絶体絶命かと思いきや、ついにカリビアンデビューで全てを曝け出したした小向!イキザマも深化する「これから..」
カリビアンコム 小向美奈子 の作品に期待大!

「堕ちたアイドル」の逆襲は見事!成就したように思われていたが、小向のテリトリーでもある、六本木周辺から、またもや「キメている、キョドってる」などの証言や目撃談が、ネットに相次ぎ投稿され、AV関係者や支援者も動揺する中、その予感は的中し2015年2月6日午前7時、自宅マンションにて覚せい剤を所持したとして現行犯逮捕されてしまった。怒りを超え唖然、呆然となる周囲の状況をよそに、26日に所持で起訴、3月9日には保釈金200万円を納め保釈されたが3月11日、覚せい剤取締法違反(使用)で追起訴された。3度目の逮捕となり、絶体絶命の小向観たさに傍聴券の椅子を巡り東京地裁は大混乱。さらに取材陣も大挙押し寄せた4月16日の初公判で懲役2年が求刑され27日の公判で1年6月の実刑判決を言い渡した。小向は、この判決に対し控訴せず満期覚悟で栃木県内の女子刑務所に収監された。いわば「芸能人枠」といわれる「独居房」ではなく「雑居房」を志願し、模範囚として刑に服しているという。

小向美奈子 逮捕

そんな小向の様子が漏れ伝わるもAV作品は順調な売り上げを見せ、ハードル上げのハード作品もリリースされている中、2015年9月1日、ドリームチケットより「小向美奈子in…(脅迫スイートルーム」と題した作品が発売された。本作は、3月の保釈から4月の初公判までの期間内で撮影された事実上の引退作品という裏キャッチが拡散され、「キメセク」「拘置所内で悶々」「堕ちぶれたカラダ」など、様々な妄想を膨らます声で溢れかえる中「謝罪のAV出演」として公開。その妄想を遥かに超える凄まじい陵辱痴態は、裏切り者と罵られ涙を流しながら底なしアクメを味わうリアルドキュメントの秀作として大反響を呼んだ。同年11月17日に開催された「AVオープン2015」では、SM・ハード部門1位、DMM.R18の配信の売り上げ2位を獲得するなど有終の美を飾るはずだが皮肉にも受賞の瞬間は刑務所内。前代未聞!AV史上初の獄中受賞としてまたもや強烈なインパクトを与えた。

そんな、波乱万丈の小向だが早くも出所後の動向が注目されている。収監前、現在の恋人と出所後の結婚を発表し完全引退も示唆しているが一方で、アメリカン・ユーロポルノに進出し復活をアピールするのではないかとも言われている。小向自身、悩んでいるようだがまずは、支援者や家族への謝罪行脚をしてから考えたいと謙虚な姿勢を見せているとのことだ。関係者によるとあのスライム爆乳はキープしつつBODYも以前のラインを戻しつつあり、米国、欧州のポルノ関係者もおおいに興味を示しているという。さらに、前述しているアイドルプロモーションで重要な「これから..」だが、カリビアンコムが小向の誕生日でもある2016年5月27日、31歳を迎えた中「カリビアンデビュー」を電撃発表するなど、粋な計らいでバックアップ。小向の強気は復活するだろうか..今後の動向に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です